Taipei #2

12/23 出発

 今までJALに乗ったことないんで知らなかったんだけど、名古屋空港のJALカウンターは成田行きの便の乗客で長蛇の列がとぐろを巻いている。まともに並んだら1時間ぐらい待たされそうなところを早速JALカードの出番。空いているビジネスクラス用のカウンターでチェックインをすます。いやー、高いカネ払っただけのことはあるわ。
 ゴールドカードの専用ラウンジは出国審査の前にあるんで、ここで休憩して出国手続きとかを慌てるのもあれなんでタダのサンドウィッチは諦めることに。

12/23 EG283便

 飛行機に乗り込むと早速板門線(この前開通していなかったMRTの新線)の情報を調べるため、台湾の新聞を読みだす。前回中国人に間違われたのは坂東だが、今度はわたしの番だった。やっぱり新聞を読むのは鬼門らしい。
 昼食サービスの時も、
「ビーフとチキン、どちらにいたしますか?」
「ビーフとチキン、どちらにいたしますか?」
「ビーフとチキン、どちらにいたしますか?」
「[イ尓]很比較好牛排都鶏[口馬]? (中国語いいかげん)」
「ビーフとチキン、どちらにいたしますか?」
てな感じでわたしの列だけ中国語で話し掛けられることに。中国語で話し掛けられて英語で返していたんだから、中国人でないことぐらいわかるだろうに。(^^;

 SQと比べるとやっぱり機材やサービスは落ちるかな。でも、文句ないレベルだったので目をつぶることにしよう。
 目をつぶって再び目を開けると既に中正国際空港に到着していた。さすがに徹夜続きはこたえていたらしい。