トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

帰山栄治作品解説集

Concerto for Solo Guitar and Mandolin Orchestra

編成 演奏時間
Solo Guitar Mn1 Mn2 Ma Mc Gt Cb 24分
演奏日時 備考 演奏団体
1975.12.20 初演 名大18回定演

チェロ・ベースのPizz.にマンドリンが続き、ギターが導き出される。それが数回続き、だんだんギター上に現れる形が明確になっていく。時折ちらっと激しさを垣間見せるが、あくまでも静かにギターにコントロールされ、導かれながら曲は展開していく。
中間のギター独奏に誘われ、曲は盛り上がりを見せる。しかしまた再び鎮められ、ギターによって静かに進んでゆく。その静寂の中、ギターのハーモニクスが響き渡り、曲は終わりを告げる。
本曲の初演者は当時、ギターリーダーであった谷村武彦氏であり、安定した高度な技術をもって、心地よい響きを記録に残していることを付け加えておく。

(広瀬)


[Mandolin Works,1975] [top page]

コメント

お名前: コメント: