トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

帰山栄治作品解説集

マンドリンオーケストラの為の三楽章第二番

編成 演奏時間
Mn1 Mn2 Ma Mc Gt Cb 32分
演奏日時 備考 演奏団体
1970.12 初演 全マン名大ブロック
1971.12.18 名大14回定演
1975.12.20 名大18回定演

同年に作られた「Ouverture Historique」と比べ、古典的な形式が守られ、かなり調性も意識されている。しかし、各楽器のオーケストレーションや、あちこちに出てくるシンコペーション、複雑なリズムという点で、第1番同様単なるイタリアンオリジナルの域は脱しているといえよう。ただし、氏の作品の中では、まだまだ習作的要素が強い曲である。

(Y.K)


[Mandolin Works,1970] [top page]

コメント

お名前: コメント: